仔馬

  1. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】

    仔馬にも少し荷を付け時鳥)橋本鶏二) 句集『松囃子』より。 橋本鶏二はホトトギスで写生の名手としてならし、第一句集『年輪』の序に高濱虚子は「一口に申せば『鶏二は作者である』。といふに尽きるか…

  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風

    苺のシャンティイ風Fraises à la chantilly…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  2. 【夏の季語】梅雨に入る
  3. 【春の季語】雲雀
  4. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
  5. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】

Pickup記事

  1. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  3. なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ【季語=数へ日(冬)】
  4. あとからの蝶美しや花葵 岩木躑躅【季語=花葵(夏)】
  5. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何
PAGE TOP