連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風


苺のシャンティイ風

Fraises à la chantilly


露地物の苺がお安くなってきましたね。
ほんらい初夏のものである苺、小粒で野趣のある味わいが大好きです。

フレーズ・シャンティイ(苺のシャンティイ風)は、いちごの上にホイップクリームをのせた、フランスの初夏の定番デザート。
ホイップクリームのことを「クレーム・シャンティイ」というのですが、これはパリの北にある町の名前に由来します。

シャンティイ城は、ブルボン王家に連なるコンデ公が所有した美しいお城。砂糖入りのホイップクリームは、ルイ14世を迎えての晩餐会のために、コンデ公お抱えの給仕長ヴァテールが考案したのが始まりと伝えられています。

シャンティイ発祥のフレーズ・シャンティイ、わたしが子供たちと訪れた時も、城下のあちこちに宣伝の看板が出ていたのを覚えています。
シャンティイ城のすぐ近くには競馬場があり、トレーニングや移動中の馬を何頭も見かけました。城の大厩舎は馬のショーを見ることのできる博物館として公開されており、現代のシャンティイは馬の町でもあるのでした。

わが家のフレーズ・シャンティイは、生クリームにクリームチーズを混ぜて甘さ控えめにしています。苺はレモン汁と砂糖でマリネして。

親馬は梳らるゝ仔馬跳び  高野素十

季語【仔馬】【馬の仔】【苺】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋につい…
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#1】
  4. 【#27】約48万字の本作りと体力
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第122回】樫本由貴
  6. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第3回】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年12月分】

おすすめ記事

  1. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】
  2. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  3. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】
  4. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  6. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美
  8. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  9. 【冬の季語】白鳥
  10. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】

Pickup記事

  1. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  2. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  3. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  4. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  5. 【冬の季語】凩(木枯)
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)
  7. 真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】
  8. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  9. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 
  10. がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】
PAGE TOP