「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

苺のシャンティイ風

Fraises à la chantilly


露地物の苺がお安くなってきましたね。
ほんらい初夏のものである苺、小粒で野趣のある味わいが大好きです。

フレーズ・シャンティイ(苺のシャンティイ風)は、いちごの上にホイップクリームをのせた、フランスの初夏の定番デザート。
ホイップクリームのことを「クレーム・シャンティイ」というのですが、これはパリの北にある町の名前に由来します。

シャンティイ城は、ブルボン王家に連なるコンデ公が所有した美しいお城。砂糖入りのホイップクリームは、ルイ14世を迎えての晩餐会のために、コンデ公お抱えの給仕長ヴァテールが考案したのが始まりと伝えられています。

シャンティイ発祥のフレーズ・シャンティイ、わたしが子供たちと訪れた時も、城下のあちこちに宣伝の看板が出ていたのを覚えています。
シャンティイ城のすぐ近くには競馬場があり、トレーニングや移動中の馬を何頭も見かけました。城の大厩舎は馬のショーを見ることのできる博物館として公開されており、現代のシャンティイは馬の町でもあるのでした。

わが家のフレーズ・シャンティイは、生クリームにクリームチーズを混ぜて甘さ控えめにしています。苺はレモン汁と砂糖でマリネして。

親馬は梳らるゝ仔馬跳び  高野素十

季語【仔馬】【馬の仔】【苺】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

ピックアップ記事

2021-3-11

【特集】東日本大震災 10年を迎えて

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る