1. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】

    犬の仔のすぐにおとなや草の花広渡敬雄公園へ向かってなだらかに下る坂道に家が並んでいる。その一軒からポメラニアンが出て来た。よちよちと門のすぐ外まで歩くと、そこが定位置のように座る。迷惑そうでもないの…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第20回】遠賀川と野見山朱鳥
  2. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  4. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】
  5. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】

Pickup記事

  1. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
  2. 【冬の季語】今朝の冬
  3. 立ち枯れてあれはひまはりの魂魄 照屋眞理子
  4. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=花野(秋)】
  5. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】
PAGE TOP