保坂敏子

  1. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】

    月光に夜離(よが)れはじまる式部の実保坂敏子(『芽山椒』)古代人は闇を嫌った。男が女の家を訪れる逢瀬の夜は月夜でなければならなかった。「妻訪い婚」「通い婚」と言われるが、古代では、男は夜に女の家に通…

おすすめ記事

  1. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
  2. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  3. 【春の季語】猫の恋
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第64回】 富山と角川源義
  5. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀
  2. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  3. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 
  4. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
PAGE TOP