俳人協会賞新人賞

  1. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)

    30代は本当に大変なんだってば:日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)日下野由季(1977-)は、1997年に「海」入会。2007年には第一句集『祈りの天』を上梓しているので、この本が第二句…

おすすめ記事

  1. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  2. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの女
  4. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  5. 【冬の季語】火事

Pickup記事

  1. 秋の餅しろたへの肌ならべけり 室生犀星【季語=秋の餅(秋)】
  2. 【新年の季語】どんど焼
  3. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  5. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
PAGE TOP