八手の花

  1. 【冬の季語】八手咲く

    【冬の季語=初冬(11月)】八手咲く【解説】初冬に咲き始める「八手の花」が咲くことをいう。【八手咲く(上五)】八手咲いて茶坐敷としも見ゆるかな 正岡子規八ツ手咲いて金の三日月よく…

  2. 【冬の季語】八手の花

    【冬の季語=初冬(11月)】八手の花【解説】初冬に咲き始める。「天…

  3. 【冬の季語】花八手

    【冬の季語=初冬〜仲冬(11月〜12月)】花八手【解説】初冬に咲き始める「…

おすすめ記事

  1. 数と俳句(一)/小滝肇
  2. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  3. 【夏の季語】ソーダ水
  4. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  5. 背広来る来るジンギスカンを食べに来る 橋本喜夫【季語=ジンギスカン(秋)】 

Pickup記事

  1. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】
  2. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  3. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】
  4. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】
  5. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】
PAGE TOP