冷たし

  1. 愛かなしつめたき目玉舐めたれば 榮猿丸【季語=冷たし(冬)】

    愛かなしつめたき目玉舐めたれば榮猿丸(『点滅』) フェチシズムとは、ある種の物を神と崇めること、異性の体の一部や身に着けた物に執着することである。現在では多様なフェチがある。私などは、髭フェチなので…

  2. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮

    兎もも肉の赤ワイン煮Cuisses de lapin au vin rou…

おすすめ記事

  1. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇
  2. 花いばら髪ふれあひてめざめあふ 小池文子【季語=花いばら(夏)】
  3. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  4. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  5. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて

Pickup記事

  1. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  2. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  3. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  5. 【春の季語】春節
PAGE TOP