処女

  1. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】

    目つぶりて春を耳嚙む処女同志高篤三(川名大『現代俳句 上』)初出は「句と評論」昭和9年4月号。同性愛を感じさせる句としてよく引用される島津亮「怒らぬから青野でしめる友の首」が昭和31年の作だから、は…

おすすめ記事

  1. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  2. 【秋の季語】運動会
  3. 【#19】子猫たちのいる場所
  4. 【冬の季語】日記買う
  5. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】

Pickup記事

  1. いぬふぐり昔の恋を問はれけり 谷口摩耶【季語=いぬふぐり(春)】
  2. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】
  3. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】
  4. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  5. 【#39】炎暑の猫たち
PAGE TOP