切符

  1. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】

    手袋に切符一人に戻りたる浅川芳直人は一人で生まれ、一人で死んでゆく。人生の大半は家族や仲間と一緒に過ごすが、生涯の始まる前と終わった後は一人なのだ。様々な別れも、もともとは一人だったのだから…

  2. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生

    誕生日の切符も自動改札に飲まれる)岡田幸生『句集 無伴奏』2015年4月(…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬の谷
  2. 初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希【季語=初夢(新年)】
  3. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  4. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)
  5. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  2. 【冬の季語】大寒
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年10月分】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一
  5. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
PAGE TOP