初雪

  1. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】

    雪といひ初雪といひ直しけり藤崎久を心情の機微が端的にあらわされている句だ。誰かとともに外にいるのだろう。言い直すというところに聞き手の存在が思われる。はじめは降っていることに気が付いて、ただ…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  2. 凩の会場へ行く燕尾服  中田美子【季語=凩(冬)】
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第2回】
  4. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  5. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回

Pickup記事

  1. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第2回
  3. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】
  4. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】
  5. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
PAGE TOP