刺繍

  1. ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷【季語=針供養(春)】

    ミシン台並びやすめり針供養)石田波郷) 母が洋裁学校に通い始めたのは、子育てがひと段落したと考えたからだっただろうか。それまでも、十代の私がへたなデザイン画を渡せば、イメージ通りに仕上げてくれていた…

おすすめ記事

  1. じゆてーむと呟いてゐる鯰かな 仙田洋子【季語=鯰(夏)】
  2. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】
  3. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】
  4. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
  5. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】

Pickup記事

  1. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  2. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  3. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】
  4. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  5. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
PAGE TOP