加賀谷凡秋

  1. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】

    つはの葉につもりし雪の裂けてあり加賀谷凡秋(かがや・ぼんしゅう))本格的に日や風のにおい、朝の空の色が冬らしくなって、野菜も味が乗ってきて、ラグビーは佳境に。本当に寒さが訪れる前の東京の、このころは…

おすすめ記事

  1. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】
  2. 【夏の季語】蓮
  3. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  4. 悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし 波多野爽波【季語=夜食(秋)】
  5. 【冬の季語】小春

Pickup記事

  1. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  2. 【冬の季語】掘炬燵
  3. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 
  4. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  5. 【春の季語】梅
PAGE TOP