励む

  1. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】

    人はみななにかにはげみ初桜深見けん二初桜とはその年に初めて咲いた桜のこと。初めて出会った桜の花ということ。「ああ、今年も桜が咲き始めたなあ」という花に出会えた喜びが、そこにはある。俳…

おすすめ記事

  1. あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】
  2. 子供は鳥 かはたれとたそかれにさざめく 上野ちづこ
  3. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
  4. 【夏の季語】梅雨に入る
  5. 【冬の季語】小寒

Pickup記事

  1. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】
  2. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋桜子【季語=啄木鳥(秋)】
  3. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」菜の花のオイスターソースがけ
  5. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】
PAGE TOP