勝つ

  1. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】

    猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ雪我狂流(ゆきがふる))亀には発声器官がないので実際には鳴かない、というか鳴けないらしいが、甲羅干しの途中で喉をぐうんと反らしたりするのを見ると、鳴いてもおかしくないと思う。…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】小春
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第97回】岸田祐子
  3. 数と俳句(四)/小滝肇
  4. 【秋の季語】鵙の贄
  5. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  3. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】
  5. 蛍火や飯盛女飯を盛る 山口青邨【季語=蛍火(夏)】
PAGE TOP