匂い

  1. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】

    寝室にねむりの匂ひ稲の花鈴木光影 辞書をよく確認もしないで「寝る」に「眠る」は含まれないと思っていた。前者は横たわるだけで睡眠と同義ではないと決めつけて、よく寝たのかと聞かれたらよく眠ったと返してい…

  2. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】

    白い部屋メロンのありてその匂ひ)上田信治『リボン』(邑書林 2017年)…

  3. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】

    いちじくを食べた子供の匂ひとか)鴇田智哉ああ、わかる。と感…

  4. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】

    浅春の岸辺は龍の匂ひせる対中いずみ))暦の上では春と言いな…

  5. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】

    嗚呼これは温室独特の匂ひ)田口武スティーブ・ジョブズに「1…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  2. 【新年の季語】小豆粥
  3. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  4. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  5. 【冬の季語】豆撒く

Pickup記事

  1. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  2. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】
  3. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【13】服部崇
  5. 月かげにみな美しき庭のもの 稲畑汀子【季語=月影(秋)】
PAGE TOP