南蛮煙管

  1. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】

    紅さして尾花の下の思ひ草深谷雄大(『吉曜』)〈思ひ草〉とは、尾花(薄)の根元に生える寄生植物。花の形状がパイプに似ているため南蛮煙管(なんばんぎせる)とも呼ばれる。 『万葉集』に〈道の辺の尾…

おすすめ記事

  1. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】
  2. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  3. 【春の季語】雛飾(雛飾り)
  4. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
  5. 【夏の季語】夏服/白服 麻服 サマードレス サンドレス 簡単服 あつぱつぱ 半ズボン ショートパンツ

Pickup記事

  1. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  2. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  3. 【春の季語】遠足
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】
  5. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】
PAGE TOP