古典

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッター

    趣味と写真と、ときどき俳句と【#07】「何となく」の読書、シャッター青木亮人(愛媛大学准教授)ものを書き続けて倦んだ時、小説を何気なく手に取って読むのがいつしか愉しくなった。例えば、チェーホフの小説の次のよ…

おすすめ記事

  1. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
  3. 【冬の季語】煤逃
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  5. よし切りや水車はゆるく廻りをり 高浜虚子【季語=葭切(夏)】

Pickup記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第2回
  3. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友
  4. 子供は鳥 かはたれとたそかれにさざめく 上野ちづこ
  5. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】
PAGE TOP