古琴

  1. 【#16】秋の夜長の漢詩、古琴

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#16】秋の夜長の漢詩、古琴青木亮人(愛媛大学准教授)秋の夜長には漢詩を読むことが多い。例えば、和漢朗詠集に収められた白居易の詩を見てみよう。…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年9月分】
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ
  3. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  4. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  5. 【春の季語】シクラメン

Pickup記事

  1. 【#16】秋の夜長の漢詩、古琴
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  3. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  4. 流氷や宗谷の門波荒れやまず 山口誓子【季語=流氷(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第47回】 房総・鹿野山と渡辺水巴
PAGE TOP