叩頭する

  1. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】

    叩頭すあやめあざやかなる方へ)飯島晴子 掲句の収められている『春の蔵』には〈献身やあやめをざつと見渡して〉という句もあるが、比べるとどうだろうか。 まず、上五の「叩頭」と「献身」。「献身」の…

おすすめ記事

  1. 逢曳や冬鶯に啼かれもし 安住敦【季語=冬鶯(冬)】
  2. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
  4. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】
  5. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】

Pickup記事

  1. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  2. 【冬の季語】雪降る
  3. 【冬の季語】冬の滝
  4. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】
  5. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】
PAGE TOP