吉村毬子

  1. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子

    水鳥の和音に還る手毬唄)吉村毬子(『手毬唄』))吉村毬子さん、貴女が泉下の俳句國へ赴いてから早五年が過ぎました。その間、貴女が遺した唯一の句集『手毬唄』を時折り繙いては、同じ「LOTUS」同人として…

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  2. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  3. 【春の季語】春の雪
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【20】/片山辰巳
  5. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明

Pickup記事

  1. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】
  2. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  3. 新宿発は逃避行めき冬薔薇 新海あぐり【季語=冬薔薇(冬)】
  4. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  5. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】
PAGE TOP