1. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】

    白魚の命の透けて水動く稲畑汀子手前味噌で恐縮だが、筆者が所属している野分会と朔出版が「稲畑汀子俳句集成読書会」を共催している。昨年2月に逝去した稲畑汀子を偲んで「稲畑汀子俳句集成」をより深く読み、本…

  2. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】

    雛飾りつゝふと命惜しきかな星野立子今日3月3日は雛祭(ひな…

おすすめ記事

  1. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  2. 背広来る来るジンギスカンを食べに来る 橋本喜夫【季語=ジンギスカン(秋)】 
  3. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  4. ハイシノミカタ【#2】「奎」(小池康生代表)
  5. 【春の季語】冴返る

Pickup記事

  1. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  2. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】
  3. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  4. 秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚【季語=秋茄子(秋)】
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
PAGE TOP