啼く

  1. 逢曳や冬鶯に啼かれもし 安住敦【季語=冬鶯(冬)】

    逢曳や冬鶯に啼かれもし安住敦(『筑摩文学全集』) 冬の鶯は、「ホーホケキョ」とは啼かない。「チャチャチャ」と啼く。俳句では「笹鳴き」という。この啼き声は、舌打ちのようにも聞こえるし、笹藪のざわめきの…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】
  2. 大空へ解き放たれし燕かな 前北かおる【季語=燕(春)】
  3. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  4. 渚にて金澤のこと菊のこと 田中裕明
  5. 【新年の季語】松飾る

Pickup記事

  1. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  2. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】
  3. 【冬の季語】節分
  4. 【冬の季語】追儺
  5. 初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】
PAGE TOP