噛む

  1. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】

    山椒の実噛み愛憎の身の細り清水径子(『現代俳句歳時記』) 「愛の反対は憎しみではなく、無関心です」と言ったのは、ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサである。愛するから憎むのであり、憎しみが愛に変わ…

  2. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

    秋思かがやくストローを嚙みながら)小川楓子小説を読むように…

  3. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】

    海鼠噛むことも別れも面倒な遠山陽子(『高きに登る』) そろ…

おすすめ記事

  1. 原爆忌誰もあやまつてはくれず 仙田洋子【季語=原爆忌(秋)】
  2. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】
  3. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  4. 落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子【季語=落椿(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子

Pickup記事

  1. シゴハイ【第4回】中井汰浪(「浪乃音酒造」蔵元)
  2. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  3. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  4. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  5. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
PAGE TOP