墓色

  1. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】

    氷上の暮色ひしめく風の中廣瀬直人具体物は「氷」くらいであって、割と抽象的な景だ。「暮色ひしめく」という把握は、「風」と関連して成り立っているのだろうけれど、ともすれば幻視的な感じさえある。構…

おすすめ記事

  1. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】
  2. 【冬の季語】春待つ
  3. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  4. 【書評】柏柳明子 第2句集『柔き棘』(紅書房、2020年)
  5. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花

Pickup記事

  1. 杉の花はるばる飛べり杉のため 山田みづえ【季語=杉の花(春)】
  2. 数と俳句(一)/小滝肇
  3. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  4. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
  5. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】
PAGE TOP