夏帯

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】

    【第8回】人の「格」をあぶりだす夏服  羅の二人がひらりひらり歩す  星野立子 盛夏の景である。「ひらりひらり」は「羅」そのものとも、それを着ている女二人の歩き方とも解せる。ポイントは「二人」で…

  2. 夏帯にほのかな浮気心かな 吉屋信子【季語=夏帯(夏)】

    夏帯にほのかな浮気心かな吉屋信子(『文人俳句歳時記』) 浮…

おすすめ記事

  1. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】
  2. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  3. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】
  4. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  5. 【春の季語】うらら

Pickup記事

  1. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  2. 秋櫻子の足あと【第1回】谷岡健彦
  3. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  4. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  5. 【冬の季語】鯨
PAGE TOP