夏服

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】

    【第8回】人の「格」をあぶりだす夏服  羅の二人がひらりひらり歩す  星野立子 盛夏の景である。「ひらりひらり」は「羅」そのものとも、それを着ている女二人の歩き方とも解せる。ポイントは「二人」で…

  2. 【夏の季語】夏服/白服 麻服 サマードレス サンドレス 簡単服 あつぱつぱ 半ズボン ショートパンツ

    【解説】俳句では「夏衣」が主に和服を指すのに対して、「夏服」といえば洋服を指す。【関連季語…

おすすめ記事

  1. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  2. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】
  3. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
  4. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  5. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)

Pickup記事

  1. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  2. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第55回】 甲府盆地と福田甲子雄
PAGE TOP