夏潮

  1. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】

    夏潮のコバルト裂きて快速艇牛田修嗣日曜日、オペラ座へ向かって歩いていると、道の反対から小さな娘さんを連れた堀切さんがあらわれた。セクト・ポクリット管理人の堀切さんが、旅行でニースにやってきたのだ。…

おすすめ記事

  1. 【書評】三島広志 第1句集『天職』(角川書店、2020年)
  2. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】
  3. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  4. 去年今年詩累々とありにけり 竹下陶子【季語=去年今年(冬)】
  5. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−3】 広島と西東三鬼
  2. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  3. 【冬の季語】梟
  4. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】
  5. 人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子【季語=人の日(新年)】
PAGE TOP