夜離れ

  1. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】

    月光に夜離(よが)れはじまる式部の実保坂敏子(『芽山椒』)古代人は闇を嫌った。男が女の家を訪れる逢瀬の夜は月夜でなければならなかった。「妻訪い婚」「通い婚」と言われるが、古代では、男は夜に女の家に通…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春の雨
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの女
  3. 秋櫻子の足あと【第9回】谷岡健彦
  4. 【新年の季語】七日
  5. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 

Pickup記事

  1. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  2. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  3. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二
  4. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】
  5. 【秋の季語】立秋
PAGE TOP