大場白水郎

  1. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】

    あたゝかに六日年越よき月夜大場白水郎(『カラー図説日本大歳時記』) 気がつくと一月ももう六日である。びっくりだ。俳句をやっている方はけっこうご存知だと思うが、季語「六日」の傍題に「馬日」がある。正月…

  2. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦

    秋櫻子の足あと【第6回】(全12回)谷岡健彦(「銀漢」同人)…

おすすめ記事

  1. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
  3. 【春の季語】春分の日
  4. 【毛の俳句】
  5. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】

Pickup記事

  1. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  2. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  3. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】
  4. 誰かまた銀河に溺るる一悲鳴 河原枇杷男【季語=銀河(秋)】
  5. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】
PAGE TOP