大庭紫逢

  1. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】

    綿入が似合う淋しいけど似合う)大庭紫逢 皆さんは意外なものを似合うと言われたこと、ありませんか。 たとえばそれは動作であったり、身に纏うものであったり、あるいはふとしたときの言葉であったり……。「似…

おすすめ記事

  1. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  3. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  4. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  5. 【#14】「流れ」について

Pickup記事

  1. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】
  2. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  3. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄
  5. 【銀漢亭スピンオフ企画】ホヤケン/田中泥炭【特別寄稿】
PAGE TOP