天下

  1. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑

    こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし水原紫苑言葉一個一個のはたらきや語義の云々に特別気をとめず、「なるべし」という確信とともに渡される「花野」に連れ去られてしまうのが、この歌の最も…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】
  2. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  3. 【新年の季語】注連の内
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  5. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】

Pickup記事

  1. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】
  2. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】
  3. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  4. をぎはらにあした花咲きみな殺し 塚本邦雄【季語=荻(秋)】
  5. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】
PAGE TOP