季重なり

  1. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】

    あたゝかな雨が降るなり枯葎正岡子規(高浜虚子選『子規句集』岩波文庫)正岡子規初期の代表句。句中に「暖か」(春)「枯葎」(冬)が同居する。「暖か」の説明は不要だろう。『広辞苑』によると、「枯葎」は「冬…

  2. あとからの蝶美しや花葵 岩木躑躅【季語=花葵(夏)】

    あとからの蝶美しや花葵岩木躑躅(いわきつつじ)(星野立子)…

  3. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】

    麦打の埃の中の花葵本田あふひ()(星野立子)東京は梅雨入り…

  4. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳

    【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし千野千佳(「蒼海」)…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP