寒天

  1. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】

    寒天煮るとろとろ細火鼠の眼橋本多佳子(『橋本多佳子全句集』)角川ソフィア文庫から出た『橋本多佳子全句集』の巻末には季語別索引がついているのでありがたい。ぱらぱら索引を眺めていても「雪」の句が多いこと…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第61回】 石鎚山と石田波郷
  2. ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊【季語=爽やか(秋)】
  3. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  4. 花いばら髪ふれあひてめざめあふ 小池文子【季語=花いばら(夏)】
  5. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】

Pickup記事

  1. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  2. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】
  3. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】
  4. 三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子【季語=三椏の花(春)】
  5. 【夏の季語】ごきぶり
PAGE TOP