寺田京子

  1. 金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子【季語=種蒔(春)】 

    金色の種まき赤児がささやくよ)(寺田京子生まれてまもない赤児はまだ言葉をもたないが、言葉を覚えるまでの間も、光や音を敏感に感じている。何かしゃべり始めた頃なのか、それともまだ言葉にならない声を発して…

  2. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】

    未婚一生洗ひし足袋の合掌す)寺田京子アンケートや調査、問診…

  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】

    セクト・ポクリット管理人の堀切です。アートラジオ〈浮かぶカフェ〉は、毎週金曜日夜8…

  4. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】

    死なさじと肩つかまるゝ氷の下寺田京子(「冬の匙」1956年 北海道ペンクラ…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司
  3. 【春の季語】引鴨
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  5. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火
  3. 【冬の季語】数え日
  4. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
PAGE TOP