対す

  1. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】

    一燈を消し名月に対しけり)林翔 月は可能な限り毎日見ているが、やはり中秋の名月は格別だ。それだけに俳句にしようとするとどこから手をつければ良いのかわからなくなることがあるのは筆者だけではないだろう。…

おすすめ記事

  1. ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く かくた【季語=吹雪(冬)】
  2. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】
  3. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  4. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】
  2. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(春)】
  3. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】
  4. 蛍火や飯盛女飯を盛る 山口青邨【季語=蛍火(夏)】
  5. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
PAGE TOP