小路智壽子

  1. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】

    寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ小路智壽子(『絵屏風』) 寝化粧とは、現代では寝る前に顔の肌を保湿するため化粧水や乳液を塗ることである。中国の後宮では、寝化粧というと皇帝の訪れを待つ女達が夕暮れから施す…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」カオマンガイ
  2. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  3. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
  5. こんな本が出た【2021年6月刊行分】

Pickup記事

  1. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
  2. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  3. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  4. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  5. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
PAGE TOP