山田真砂年

  1. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】

    霜柱ひとはぎくしやくしたるもの山田真砂年「ぎくしゃく」を手元の辞書で引くと「①言葉・動作などがなめらかでないことを表わす。②人間関係がしっくり行っていないことを表わす。」とある。掲句はどちら…

  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年

    DNAの共鳴山田真砂年(「稲」主宰)銀漢亭が私にとって居心地の良かったのは…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  2. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  3. 【新年の季語】初詣
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
  5. 【夏の季語】梅雨に入る

Pickup記事

  1. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
  3. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石
  5. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
PAGE TOP