川島秋葉男

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第99回】川島秋葉男

    銀漢亭はハブ空港!そして超結社句会「湯島句会」川島秋葉男(「銀漢」副編集長)銀漢亭は、俳句界自転車の車輪の中心部に位置し、そのまた真ん中に亭主伊藤伊那男が変わらぬ笑みを浮かべて佇んでいる。様々な結社の俳人が…

おすすめ記事

  1. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 
  2. 【書評】伊藤伊那男 第三句集『然々と』(北辰社、2018年)
  3. 【夏の季語】蝸牛
  4. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  5. 初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】

Pickup記事

  1. 呼吸器と同じコンセントに聖樹 菊池洋勝【季語=聖樹(冬)】
  2. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  3. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  5. 【冬の季語】逝く年(行く年)
PAGE TOP