年玉

  1. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】

    年玉受く何も握れぬ手でありしが)髙柳克弘(『俳壇』2022年1月号))雑誌の目次で7句タイトル「握れぬ手」を見て浮き浮きしつつ頁を開いたらどっこい掲句である。「何も握れぬ」の厳しさに愕然とす…

おすすめ記事

  1. 瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏 堀本裕樹【季語=瑠璃蜥蜴(夏)】
  2. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月9日配信分】
  4. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】
  5. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

Pickup記事

  1. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】
  2. こぼれたる波止の鮊子掃き捨てる 桑田青虎【季語=鮊子(春)】
  3. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第14回】
  5. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】
PAGE TOP