1. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】

    年を以て巨人としたり歩み去る高浜虚子(たかはま・きょし)まさとし))ひやー、大晦日ですよ、大晦日。みなさん、正気、保ってますかー。私はとっくに失ってますよー。それでも、一年は過ぎてゆ…

おすすめ記事

  1. 【新連載】茶道と俳句 井上泰至【第1回】
  2. 【書評】三島広志 第1句集『天職』(角川書店、2020年)
  3. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
  5. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  2. 【夏の季語】風鈴
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  4. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
PAGE TOP