思ひ草

  1. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】

    紅さして尾花の下の思ひ草深谷雄大(『吉曜』)〈思ひ草〉とは、尾花(薄)の根元に生える寄生植物。花の形状がパイプに似ているため南蛮煙管(なんばんぎせる)とも呼ばれる。 『万葉集』に〈道の辺の尾…

おすすめ記事

  1. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】
  3. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  4. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#04】原付の上のサバトラ猫

Pickup記事

  1. 数と俳句(三)/小滝肇
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪
  3. 【冬の季語】時雨
  4. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】
  5. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
PAGE TOP