恋う

  1. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】

    凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ中村草田男草田男40代の作(『来し方行方』所収)。35歳の年、12歳年下の直子夫人と結婚。20代の頃の神経衰弱を経て、十数回に及ぶお見合いの果てに得た若き妻である。〈八…

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
  2. 吸呑の中の新茶の色なりし 梅田津【季語=新茶(夏)】
  3. 【毛の俳句】
  4. 【春の季語】東風
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月2日配信分】

Pickup記事

  1. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  2. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
  3. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  4. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  5. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
PAGE TOP