悼む

  1. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】

    人悼む時のみぞおち青嵐藤井あかり火葬場を出ると、瑞々しい木々から少し強めの風が吹く。小説であれば、ああでもない、こうでもないと内面をまどろっこしく描写できるのだろうが、俳句では「みぞおち」とだけ言う…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】花野/大花野
  2. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【12】服部崇
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  5. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋

Pickup記事

  1. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】
  2. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】
  3. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】
  4. 秋櫻子の足あと【第9回】谷岡健彦
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月15日配信分】
PAGE TOP