悼む

  1. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】

    人悼む時のみぞおち青嵐藤井あかり火葬場を出ると、瑞々しい木々から少し強めの風が吹く。小説であれば、ああでもない、こうでもないと内面をまどろっこしく描写できるのだろうが、俳句では「みぞおち」とだけ言う…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP