1. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】

    みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな筑紫磐井(『野干』) 〈みちのく〉と言えば「みちのくひとり旅」という演歌を思い出してしまう。叶わぬ恋を振りきって男ひとりの傷心旅行。「月の松島 しぐれの白河」、失恋の果て…

おすすめ記事

  1. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  2. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】
  4. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】
  5. 【夢の俳句】

Pickup記事

  1. 【春の季語】雛あられ
  2. 【夏の季語】虹
  3. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】
  4. 日まはりは鬼の顔して並びゐる 星野麦人【季語=向日葵(夏)】
  5. 【冬の季語】春近し
PAGE TOP