手触り

  1. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】

    菊食うて夜といふなめらかな川飯田晴先週、句集の手触りの話をしたけれど、もちろんどの句集にも手触りはあります。もっと踏み込むと、読み心地ともいえるかもしれません。編年体か、作者の思い入れのある…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第39回】石井隆司
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#06】落語と猫と
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  5. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 

Pickup記事

  1. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】
  2. 暖房や絵本の熊は家に住み 川島葵【季語=暖房(冬)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  4. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】
  5. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
PAGE TOP