折笠美秋

  1. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】

    ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう折笠美秋(『君なら蝶に』)掲句はおそらくこの作家のもっとも人口に膾炙する代表句であり、第二句集『君なら蝶に』(1986年12月立風書房刊)のタイトルにもなっている。…

おすすめ記事

  1. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃
  3. 【冬の季語】悴む
  4. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  5. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき

Pickup記事

  1. 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨【季語=猫の子(春)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】
  3. 初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】
  4. 寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり【季語=寒月(冬)】
  5. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】
PAGE TOP