日野草城

  1. 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城【季語=梅雨入(夏)】

    樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ日野草城何かを無性に抱きしめたくなって抱き枕を購入したことがある。「こうしたい!」がそこまで膨らんだことはなかったので自分でも不思議な気持ちで買いに行ったのだが、その…

  2. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】

    ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を日野草城元日、メールやLINE…

  3. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】

    朝貌や惚れた女も二三日夏目漱石 (『漱石俳句集』) 近所の…

  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第45回】 池田と日野草城

    【第45回】池田と日野草城広渡敬雄(「沖」「塔の会」)池田…

  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】

    【第3回】写俳亭、伊丹三樹彦門下ではありませんし、…

  6. 麦真青電柱脚を失へる 土岐錬太郎【季語=青麦(夏)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第15回】能登と飴山實
  2. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】
  3. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 
  4. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽

Pickup記事

  1. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英
  3. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  4. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】
  5. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
PAGE TOP