星野麥丘人

  1. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】

    花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ星野麥丘人目の端が何かを捉えて、街道の反対側に顔を向けると満開のミモザだった。まだ二月だというのに、芽吹きも遠い街路樹のあいだにパッとその一画だけがやたら明るい。ずいぶ…

おすすめ記事

  1. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
  3. 【冬の季語】冬に入る
  4. 【第3回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 成田一子さん)
  5. 【冬の季語】手袋

Pickup記事

  1. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】
  2. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
  3. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  4. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 
  5. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
PAGE TOP