春の魚

  1. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】

    抱きしめてもらへぬ春の魚では夏井いつき(『伊月集』)春の魚というと鰊(にしん)や公魚(わかさぎ)、桜鯛などが思い浮かぶ。確かに抱きしめるほどの大きさではない。鰆(さわら)になると1メートルを超すこと…

おすすめ記事

  1. 卓に組む十指もの言ふ夜の秋 岡本眸【季語=夜の秋(夏)】
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  3. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  4. 【秋の季語】檸檬
  5. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】

Pickup記事

  1. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  2. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】
  3. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  4. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  5. 【春の季語】春の泥
PAGE TOP