最も

  1. 枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行【季語=枯野(冬)】

    枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ)鷹羽狩行保育所の頃に母の故郷福井県から広島県に引っ越して以降は、夏休みなどの長期休暇は必ず福井県で過ごすことにしていた。おそらくそれは子どもながらに頑固者であった筆者の要…

おすすめ記事

  1. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  2. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】
  3. 【春の季語】囀
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん

Pickup記事

  1. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  2. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】
  3. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  5. 【春の季語】素魚
PAGE TOP